山形大学農学部 里山創生論分野

フォトサンプル

本研究室は2017年4月に立ち上がったばかりの分野(研究室)です。山形県の里山などを中心に、野生生物の生態や人間と野生生物の関係に関する研究をおこなっていきます。 また、教員の斎藤がこれまでにおこなってきた都市生態学研究も継続していく予定です。 教員のこれまでの研究に興味のある方はこちらをご覧ください。

対象生物としては、タヌキやノウサギなどの野生哺乳類を主としますが、チョウ類など一部の昆虫類も扱います。 研究テーマによっては、他の生物群や人間自体を対象とすることもあります。 基本的にはデータは野外調査によって入手しますが、必要に応じて既存の生物多様性情報も活用します。

本研究室では、他大学からを含む修士課程への進学希望者を募集しています。 タヌキやノウサギなどの野生哺乳類の生態に興味のある方、里山や都市における人間と野生生物の関係に興味のある方、山形の自然を相手に研究をおこなってみたい方を歓迎しますので、お気軽にお問い合わせください。 異なる分野からの進学も歓迎します。

  問い合わせ先 | 斎藤 昌幸 saito.ume(at)gmail.com


  お知らせ
2018-10-01  ウェブサイトを公開しました。
※過去のお知らせはこちら

ページのトップへ戻る